会社概要
津守合金製作所は、プレジャーボート艤装金物の専門メーカーです。昭和23年、当社は漁船向け艤装品の製造からはじまりました。現在では多くの国産プレジャーボートの純正品の製造をしています。60年間培った技術をもとに作られている当社の自社商品は、あなたのボートと海に出られることを心待ちにしています。

会社概要

社名 株式会社 津守合金製作所
所在地 〒587-0012
大阪府堺市美原区多治井294-1
TEL:072-363-5400
役員 代表取締役 石川 良一(いしかわ りょういち)
専務取締役 石川 良隆(いしかわ よしたか)
事業概要 プレジャーボート艤装金物の設計・製造および販売
銅合金・ステンレス鋳造品の設計製造
取扱品目 プレジャーボート艤装金物および関連製品
従業員数 3人
創業 1948年(昭和23年)
設立 1956年(昭和31年)1月21日
資本金 1,000万円
取引先 (株)カズ・マリンプロダクツ、桑野造船(株)、(株)信貴造船所、(株)新栄、トーハツ(株)、トヨタ自動車(株)、中村船具工業(株)、ニュージャパンマリン九州(株)、バンビ(株)、(株)ホーペック、(株)マリンシックス、ヤマハ発動機(株)、ヤマハマリン北海道製造(株)、山本機工(株)、(株)ユニマットプレシャス、リトルボート販売、ワイエム志度(株)、(株)ワイズギア、ほか多数 <五十音順、敬称略>

沿革

1948年(昭和23年) 創業者 石川信次郎が、大阪市(津守町)にて石川合金所を創業。漁船艤装用の鋳造金物を製造販売。
1956年(昭和31年) 株式会社 津守合金製作所を資本金200万円にて設立
1970年(昭和45年) 石川信次郎の逝去にともない、石川良一が代表取締役社長に就任
1973年(昭和48年) プレジャーボート業界に参入。パイプ加工品の取扱いを始める
1980年(昭和55年) 資本金を400万円に増資
1993年(平成5年) 台湾にてステンレスロストワックス鋳造を開始
1994年(平成6年) 資本金を1,000万円に増資
1996年(平成8年) 「TAC」ブランドを立ち上げ、自社商品の開発を開始
2004年(平成16年) 救命艇部品の受託製造を開始
2007年(平成19年) 堺市堺区に社屋を移転
2009年(平成21年) 3次元CADを試験導入
2010年(平成22年) 堺市美原区に新社屋を竣工し移転
2014年(平成26年) 3次元CAD(SolidWorks)を導入

ロゴマークについて

TAC

波が力強く進んでいく姿をモチーフにしています。

「津守 = Tumori」
「合金 = Alloy」
「会社 = Corporation」

の頭文字をとって「タック」と読みます。